ストーカー規制法メールについて

ストーカーからのメールに悩む貴方を救う方法

ストーカー規制法メール

ストーカーに悩んでる

 

それはどんな内容ですか?

 

付きまとい?

 

無言電話?

 

それとももっとエグいやつ?

 

けれど意外と多い悩みが、迷惑メール

 

断っても断っても断っても「好きだ」「会いたい」「付き合って」としつこい。

 

こんなメールが返事もしていないのに一日に何度も送られてくる。酷いと昼夜問わず、「アンタいったいいつ寝てんのよ!?」ってくらいに送られてくる。

 

これってストーカーじゃない!?なんてバカな友達に言われたけど、法学部の友達に聞いたら「は?メールはストーカー規制法の対象になんないのー」とバカにした感じで言われた。鼻持ちならない奴!

 

けれど実際にはそうで、弁護士さんの見解も「ただメールを送ってくるだけでは罪には問えません」というのが常識。そ

 

のせいもあってか、一日千件以上のメールを送りつけられても、それはストーカーとは言えません、と警察に言われて、結局そのストーカーに殺されてしまった、なんて事件があったりもするくらいだから、実際はすぐにでもストーカーとして取り締まるべき。

 

ついに法律が!

そんな折、ついに司法も重い腰を上げたみたいで去る6月27日、ストカー規正法改正案が衆院本会議で可決、成立した。

 

その内容に新しく組み込まれたものの中で特筆すべきは、やはり何と言っても連続迷惑メールもストーカーとして扱われるというようになったところ。
昼夜問わずひっきりなしに「好き」「会いたい」とメ ールが入れば、付きまとわれたり無言電話がかかってくるほどの底知れない恐怖を抱くもの。

 

これも立派なストーカー行為と、法律もついに認めたというワケ。

 

これからは、「けど、メールだけじゃ警察に相手にしてもらえない……」なんて悩むことない。

 

ただ、気持ち悪いからって削除しちゃダメ。自分で証拠隠滅しちゃってるようなものだから。
「連続で」「大量に」メールが来てるってのがミソなんだから、どんなに気持ち悪くても消しちゃダメ。

 

メールは開けなくてもいいから、ケータイ握りしめてこれからは堂々と警察に突き出しちゃいなさい。


調査依頼はこちら