つきまといストーカー対策に探偵依頼

シツコイつきまといストーカを撃退しよう!

ストーカー規制法があるので、最近では警察も割と動いてくれるようになってきていると思いませんか?

 

以前は、相談に言っても聞き流されているかの程度で、実際に刺されでもしなければ話をきちんと聞いてくれたり、相手の事を調べたりもしませんでした。

 

きちんと対処をしていなかったばかりに命を失うというケースも多くなり、警察の失態だと言われる事も多くなって来てからは少し良くなったように思えます。
 一般に市民にとっては、親や友人達に相談をしたとしても、完全に守ってもらえるほどではありません。やはりそうなってくると法の下に守ってもらえることに頼りたいと思う事でしょう。
気になるような事があれば、近所の交番にでも相談をする事から始めてみましょう。
巡回の時などに気にしてもらえるようにもなりますし、近所からの情報も得てくれるでしょう。

 

そういった事でも多少は変わってくるに違いありません。不安な事があれば、まずは一度相談をしてみることから始めてみませんか?

 

 【住民一人一人を守るには警察の数が足りない】

 警察に相談をしても、それで完璧とはもちろん言えない事はわかりますよね?

 

一日中気にしていてもらえるわけでもなく、特に犯罪が起きていなければ細かく調べたりということには至りません。

 

そうなると、事前にシャットアウト!という事は出来ないのです。
もし、事前にシャットアウト出来る位の何か証拠があったら・・・。と思う人は探偵に頼んでみてはいかがでしょうか?

 

もちろん依頼をするわけですから、料金は発生しますが、
自分を悩ませている相手がどんな人なのかという事はわかることとなります。

 

相手のことを知る事によって、現状を把握する事が出来るので、それを警察に伝えておいたりする事もできますよね。
また、万が一何か事件的なことが起こった場合には、以前からストーカー的行動をとっていたという証拠を提出する事が出来ます。
自分の身を守るのは何も相手から身体的に守られる事だけではありません。

 

今後の生活のためにも、法的に守られる事も必要となってくるので、その時のためにも役立つ事を押さえておくというのも必要でしょう。

 

【まとめ】

 つきまとわれたり、明らかにストーカー行為をされている人がいるのであれば、
自分を守るためにも警察に相談をしたり、探偵に相談をしたりする人もいるでしょう。
もちろん、その結果、相手から自分の身を守る事が出来たり、裁判の時に有利になるような証拠を手に入れる事が出来て、相手を自分に近付けないようにすることも可能かと思われます。

 

しかし、重要なのはそこにたどり着くまでなのです。もちろん相手に調べていたり、相談したりしている事を悟られてはいけません。

 

そこで逆上される可能性もありますので。
たどり着くまでを知られずに調べたりする事が出来たら、相手を追い込むことへと繋がってくるでしょう。警察への相談は何か起こった時にすぐに駆けつけてもらったり対処してもらうためにも必要ですが、それと並行して相手の特定もしておく必要があるので、探偵に依頼しておくのもおすすめします。

 

もちろん探偵も調査中には依頼者をまもってくれますので、何かあった場合には安心です。
この両者を並行しておくことが解決へと繋がる事でしょう。

 

トップへ

調査依頼はこちら